カテゴリー
筋トレ

わたしのお勧めする筋トレ

私のお勧めする筋トレは、膝をついたままでの腕立て伏せと、ペットボトルを用いた、腕の筋トレです。どちらも、体に負荷なく、やることができます。なぜ、それをやるようになったかというと、私自身、過去の職業が警察官という、ザッツ筋トレという職場にいました。そのとき、怪我をしたのですが、リハビリをするとき、教官から勧められたといううのがあります。

鍛神HMBの悪評や悪い口コミは本当?効果なしの評判を購入して検証!

筋トレというのは、意識は高くもっても、なかなか続くものではありません。なぜなら、難しく考えすぎたり、無理をしすぎたりして、続かないというのがあります。楽しくできればいいというのもありますが、筋トレを楽しいというのは、アーティストのガクトさんくらいなもので、ほとんどの人は、やりたいと思えません。わたしは、怪我をしたのがきっかけですが、それ以来、教官に教えられた、膝をついたままでの腕立て伏せと、ペットボトル(500ミリリットル)を使った、腕の筋トレをよくしています。これが、なかなかいいのです。

やってみれば、おわかりになると思いますが、難しく考えすぎなくてもいいし、気軽にやることができます。しかも、効果が絶大です。やるとなったら、ストイックにやるのではなく、気軽に始められるのが、続くことだと思います。筋トレを楽しく続けるには、楽な面持ちでやることがいいことだと思っています。

カテゴリー
筋トレ

筋トレを始めるために知っておきたい情報

 現在筋トレが流行っていますが何からすればいいのでしょうか。
最初は筋トレのメリットを知りましょう。筋トレをすると筋肉量が増えます。筋トレはダイエットとたくましい体など効果と姿勢が良くなり腰痛や肩こり改善にも効果が有ります。そして自信にもつながります。

http://compagnielamangouste.com/

 筋トレのやり方ですが筋肉に負荷をかけると筋繊維の一部に傷がつきます。それが修復される時に元の筋繊維より太くなります。この繰り返しにより筋肉となります。筋肉が回復しようとしている最中に同じ筋肉を追い込んでしまうと逆効果になります。毎日ではなく2~3日の休息時間を空けた方が良いです。お勧めのやり方は日によって鍛えるところを変えることです。例えば下半身の日、上半身の日と言った具合に分けるとトレーニング時間も短く済み継続しやすくなります。

 筋トレには適した時間があります。個人差はありますが夕方が良いと言われます。1日のうちで最も身体能力が高くなっている時間帯で、運動をした方が筋肉の修復や合成に影響を与える成長ホルモンが分泌されやすくなるからです。昼食でしっかりエネルギーを補給しているためトレーニング強度も上げやすく効率的にトレーニングすることが出来ます。
 筋トレのポイントは、筋肉にも休息を与えることとトレーニング時間、鍛える場所を毎日変えることです。これらを継続して行うことが最大のポイントでしょう。

カテゴリー
筋トレ

女性らしい筋トレは体幹を鍛えることから

自分らしい素晴らしい体を作っていくなかで筋トレは大変重要なポイントとなります。体を普段からきちんとメンテナンスをするなかで大切なことはいかにして自分の好きな体を作って効果的に自己アピールをするかではないでしょうか。

鍛神HMBを3か月使う効き目!

より素敵な体を自分で楽しんでいくなかで、女性でも自分磨きのためにエクササイズをしていきたいと考えるかたも多いのではないでしょうか。体幹を中心に鍛えることで、筋肉質な体ではなく、引き締まった素敵な体を自分らしく作っていくことができます。

普段の運動のなかでこのような点を十分に意識していきながら、自分らしい体をきちんと作っていくことで納得のいく素敵な体を自分で作っていくことができます。素晴らしい体を自分でいつまでも楽しんでいくには普段からのこのような方法での筋トレなどが大変重要な意味をもつのです。

体は普段から定期的なメンテナンスをすることでより充実した人生を送っていくことができます。女性にとってもしなやかな体で素敵な時間を楽しんでいくことは大切な意味を持ちますので、その点を十分に理解して自分らしい体を徹底的に作っていくことを考えてみてはいかがでしょうか。ジムや岩盤浴などをトータルに組み合わせることで高い効果を実感することができます。

カテゴリー
筋トレ

私の筋トレメニュールーティン

全身をバランス良く筋肥大させることを目的としたトレーニングになります。
頻度は週2-3回程度が望ましい。

メイプアップの効果と口コミ!

上半身
ベンチプレス10回×3セット
ラットプルダウン10回×3セット
ショルダーアップ10回×3セット
ダンベルカール左右10回×3セット
懸垂10回×3セット

下半身
レッグプレス10回×3セット
スタンディングカーフレイズ10回×3セット

腹筋
トーソローテーション10回×3セット
プランク60秒×3セット

ランニング
30分

上記で大体1?2時間程度の所要時間である。
全身をバランス良く、筋刺激するためのメニューなので、期間を空けて行うと全身の筋肉痛に苛まれることになるので注意が必要です。
また、トレーニング前にはHMBを摂取し、トレーニング終了30分以内にプロテイン等のタンパク質摂取が望ましい。
またマシントレーニングの後にランニングを置いている理由としては、筋トレで溜まった乳酸の発散と有酸素運動で体に酸素を取り込むことによって、筋トレの効果を効率良くするためのものである。
上記トレーニングは主にネットや筋トレ本などから複合的に情報を入手し組み立てたメニューであるが、最も影響を受けたのは「ダンベル何キロ持てる?」というウェブ漫画である。

カテゴリー
筋トレ

ジムで筋肉トレーニングをする

まず、基本的にジムで鍛えるということには有酸素運動と無酸素運動をすることになります。無酸素運動というのは、マシンやダンベルとかを使うことになります。簡単にいいますと筋肉を鍛えること、というのが無酸素運動をする、ということになります。http://www.mainstreetyarn.net/

バーベルなどを使って筋肉を鍛えるとかそうしたことになります。有酸素運動というのは走ることとかジョギングをすること、ということになります。筋トレをするときにはどっちがよいのか、といえば無酸素運動になります。

これによって筋肉量が増えて基礎代謝が上がりエネルギーも多く消費することになりますから、実は筋肉を増やすことによって、ダイエット効果もあるということになります。

これはかなり期待できることであるといえるでしょう。ジムで筋肉トレーニングをすると適度な筋肉をつけられますが、それによって実はダイエット効果も期待できる、ということがあったりしますから、これはやってみるとよいでしょう。どこから鍛えるべきかとかそうしたことはジムにいるトレーナーにお願いすることにしましょう。

つまりは、相談をする、ということができるようになっていますから、それを利用したほうがよいといえるでしょう。