カテゴリー
ダイエット

暴飲暴食を改め、健全な生活を手に入れました。

 私は建設会社に勤務する、40代のオジサンです。仕事の内容は、道路や公園などを作る土木工事の現場監督をしています。身長は170センチ位で、体重は75㌔くらいありました。去年の今頃はとうとう80㌔を越えてしまいました。去年の健康診断では、担当医に、「血圧が高めに出ています。精密検査を受けてください。放っておくと脳出血や脳梗塞を発症する危険がありますよ。たばこもやめてください」と診断されてしまい、人生の楽しみを奪われる思いがしました。

パエンナスリムNEO効果!

 今までの生活の様子は、毎日遅く、だいたい21時か22時位に帰ります。帰って、お風呂に入り、その後晩酌をやり白飯をたらふく食べてすぐ寝るという生活でした。たまに早く上がる時は部下と遅くまで飲むという完璧に不健康な生活でした。妻には「あなた、このままだともうじき倒れるよ」と言われ続けてきました。

 このままの生活を続けると妻の言う通り、倒れてしまうと思い、一大決心をしまして、「炭水化物ダイエット」をすることにしました。特に何かのダイエット本を買って読んだわけではありませんが、噂のままに挑戦しました。朝は何も食べません。10時を過ぎると空腹で我慢できません。お昼は、今までは弁当屋さんが配達してくれる弁当を食べていましたが、それを辞め、妻に千切りキャベツを弁当箱に敷き詰めて、その上に少しおかずを乗せてもらったダイエット弁当です。夜は相変わらず帰りは遅いのですが、風呂に入って晩酌、晩酌は蒸留酒の焼酎に切り替え、おかずだけ食べます。大好きな白飯は止めました。

 最初の1週間は、おなかがすいてとても辛かったです。朝は簡単な野菜サラダや、野菜の煮物などを軽く食べるようにしました。2週間が経つ頃には、ようやく身体も慣れてきたように感じてきました。それが3か月過ぎた頃、80㌔あった体重が4キロ減り、76㌔になりました。「なんだ、俺にもできるじゃないか」と思い、それが妙に嬉しくて、これからも頑張ろうという気になりました。

でも毎日が戦いです。同僚や部下が、お菓子や肉まん・あんまんなどを差し入れてきて、私のダイエットのやる気を奪うように仕掛けてきたり、悪魔の誘いに乗ってしまいそうになりながらやり通してきました。1年経って、この間ヘルスメーターに乗りましたら、なんと9キロも減量できて、71㌔に達成できました。この体重をキープしていこうと思っています。