カテゴリー
スキンケア

シャンプーも肌荒れの原因になるなんて

肌荒れの原因といえば、高カロリーな食べ物をたくさん食べたり、規則正しい生活ができていなかったり、化粧品が合わなかったりと、さまざまなことを思い浮かべます。私が経験したなかで盲点だったのが、シャンプーも肌荒れの原因になるということです。

レナセルクリアセラム効果そして口コミ!

シャンプーが髪の毛自体に合ったとしても、肌に合わないことがあります。以前、香りが好きで試してみたかったシャンプーを購入し、使ったことがあります。髪の毛はとてもサラサラになり、使用した感想はとても良いものでした。しかし、そのシャンプーを使い始めて日が経つうちに、首回りや顔のエラの部分を中心に肌荒れが目立つようになってきました。

肌荒れのイメージは、吹き出物のような感じです。最初はその原因がなぜだか分からず、まさかシャンプーが合わないのだとも思わずにしばらくの間使い続けました。そしてある日、ふとシャンプーが合わない可能性が頭に浮かびました。髪には合うけど肌に合わないのかもしれないと思い使用を中断してみて、以前使っていたシャンプーに戻してみました。すると、2日~3日経つ間にみるみる肌荒れが治まっていったのです。

これで、シャンプーが合わなかったのだと確信しました。
ただ、私はいろいろなシャンプーを試してみたくなるタイプなので、その後も気になるシャンプーがあれば使ってみます。そして、使い出したタイミングで肌荒れが起きれば、髪には合うけど肌には合わないのだと判断しています。

シャンプーは髪に使うアイテムですが、肌にも直接的に触れるものなので、原因不明の肌荒れが起きたときは近頃シャンプーを変えたかどうか考えてみるのもいいかもしれません。